読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悠々自適

ワールドネバーランド エルネア王国プレイ日記。

202年その1◯奪取しよう

 202年。

寝て起きたら農場管理員に選出されていました。

シドくん追い回しつつもイベントでガツガツ芋掘りしてたからね。

 

そしてバンビは決意した。

もう追い回す日々に疲れていた。

そして財布を確認した。

買える。そう思ったとき、バンビはそれに手をのばし…

 

f:id:yuyu_wnl:20160320222729j:plain

 

ボタンを押した(中の人が)。

 

 

ついに買ってしまった…!

が、しかし。

今日という新年明けましておめでたい日に交際をスタートしたい。

 

そう決意したバンビは、いつもの如くシドくんの住む噴水通りへ走った。

 

f:id:yuyu_wnl:20160320223106j:plain

 

バンビ「シド、あけましておめでとう!今時間ある?

シド「おめでとう。少しなら、いいよ」

 

 

f:id:yuyu_wnl:20160320223247j:plain

 

バンビ「子供の頃からずっと、シドのこと好きだったの

 

f:id:yuyu_wnl:20160320223350j:plain

 

 

……ん(^ν^)??

 

シド「ごめんね。もう少し考えさせて」

 

 

(^ν^)???

 

 

バンビはその場に立ちすくんだ。

手には先ほど購入した情念の炎がまだ握られたままだった。

 

 

どゆことやねん!!!!!!

とガチで焦りましたが、情念の炎握りしめたまま消費されてなくて。

そう、それはつまり失敗したんですねコレ。ふられたんですねコレ!!!有料アイテム使ったのに!!!

 

アイテム使えばささっと簡単に略奪してしまえる、そんな風に考えていた時期がありました……

 

 

そうじゃないんだと知ったバンビちゃん。

早速帰宅して料理の鉄人かの如くペピを炒めまくるバンビ。

そしてシドくんへ料理をプレゼントしまくる。

んでついでにログボでもらっていた香水も使用!

 

いい匂いをぷんぷんさせながら、再び告白。

 

f:id:yuyu_wnl:20160320224010j:plain

 

……(*´・ω・`*)?

 

その後何処かへ向かうシドくん。

当然ストーキングすると、恋人コニーちゃんの元へ。

 

これはもしや!?!?

とプロフィール確認!!!

 

するとー!!!!

 

f:id:yuyu_wnl:20160320224202j:plain

 

わわわわ別れてるぅぅううううう

 

や、お別れ会話のときってほら、頭上でハートぱりーんみたいなやつ。

あるのかなって…思ってた…ら……何も出なかった。私が見逃しただけ?かもしれないけど。

 

 

とか考えてる場合じゃない!

シドくんを追い回している年頃女子は私だけじゃないのです(°_°)!

本当に彼はめっちゃモテている。

 

すかさず声をかけるバンビ。

 

バンビ「あのね、シド。やっぱりあたし、シドのことが…」

 

f:id:yuyu_wnl:20160320224702j:plain

 

シド「いいよ♪」

 

 

 

 

軽っっ。笑

 

あの、すみません。

この流れでその返事だと、めっちゃチャラ男みたいですよシドくん。笑

 

f:id:yuyu_wnl:20160320224910j:plain

 

な、何はともあれ……

無事に恋が成就しました。

 

そしてこのセリフ…!

ときメモ好きとしては滾ります。

 

 

そして。

f:id:yuyu_wnl:20160320225222j:plain

 

ごめん…ごめんよコニーちゃん(;_;)

きっといい人見つかるよ〜〜。そうであって欲しいよ〜〜〜〜。